March 24, 2011

一時避難所


葛飾区では区施設の水元学び交流館にて、東北地方太平洋沖地震
の被害を受けた避難者に対する、一時的な避難場所として提供
しています。現在約50名近くの方々が避難されてきています。
 
区役所はもちろんですが地域の方々からの手助け、ボランティア
の方も多く心強く感じています。

また多くの支援物資も集まっています。
避難者の方にお話しをうかがうと、都営住宅に申し込むのだが
同郷の方と同じところにして欲しいとの声が多くありました。

また、一度避難されている方も、親がどうしても動きたくない
とのことで再度、被災地に向かわれている方もいます。
息子としては年老いた両親を置いたまま一人避難することは
出来ないといいます。
先週のブログにも書きましたがやはり政府が強制的に避難命令
を出すことが必要であると思います。 


null
支援物資が多く届けられてきています。

23:10:00 | hayakumi | | DISALLOWED (TrackBack) TrackBacks

March 23, 2011

節電


今日は午前中外務委員会でした。
節電のため暖房無し。
議運(?)で決まったとの噂。
3時間は本当に寒かった。
まだガタガタ体が震えています。
しかし、東北の被災地の方々のことを考えればこの寒さ
はどうってことない!と思いながら我慢。


節電といえば昨夜母親が炊飯器を夕方に使用し、掃除機も午後
に使用していると話していた。
みんなが一斉に電気を使用する時間(朝7−9 夜6−8)
を避けて電気を使用することが大切です。 



12:23:12 | hayakumi | | DISALLOWED (TrackBack) TrackBacks

March 21, 2011

出来ること

多くの方々から被災地の方々へのご協力を頂く。
特に食糧のお願いが多い。
しかし残念ながら支援物資の中で現地まであと少しというところで
食糧が腐り始めているものもある。
後5キロのところでアクセスが不可能という状態。情報では、現地
に届けられている大量の支援物資、そこから先に届かず、期限切れ
の物資も出てきている。

タンクローリー車両規制の緩和で今は高速道路走行が可能になも
現地の状況次第で一般道に降りることが出来ないところが多い。
ガソリンも止まってしまう。
灯油はポリタンクに入れ替えたどり着くも、ガソリンとなると事情
が異る。
すべては道路アクセスが問題。空からの投下は実施しているものの
限界がある。

結果、瓦礫の山を片付ける為の重機、それを動かす為の燃料、
運ぶ為の輸送手段、そのためのガソリン。
よって、現在は義援金という形が一番適していると感じる。

週末、ボランティア団体の皆さんと共に義援金活動を駅前でして
いると「議員なのだからもっと他にやることがあるのではない
か?!」とのご指摘も頂く。また「売名行為ではないか?!」
とも。
冗談じゃない。売名行為する余裕もなければ、党や自分の名前も
言わない。
本当に悲しい。当事者意識を持っているならば、誰が義援金を集
めようと関係ないではないか。


国会議員は何をしているんだ?現地には行かないのか?とい
う声も頂く。
現地が混乱している今は、素人が現地に行っても迷惑をかけるだけ
ですが、もう少し現地が落ち着いたならば、国会議員が現地に入っ
てボランティアをするという選択もあり得るでしょう。
ただこうした事態における国会議員の仕事は、立法だと考えます。
実際に、年度末が近づいており、決済を目前に控えた被災企業や、
ローンを抱えながら家が倒壊してしまったような方々が多数いら
っしゃいます。こうした方々の救済、法律改正でやらなければなら
ないことが数多くあるわけです。

政治家としてするべきこと、出来ること。
それは何を最優先とすべきかを判断して、その責任を政治が負えば
いい。有事においては、その道の専門家から徹底的に知恵を出して
もらい、その実行に際しては、すべての責任を閣僚をはじめ、議員
がその責任を負う。それが、政治の役割。

私は仲間の議員と共に、被災地の避難者を思い切って集団疎開させ
る提案を行った。
物資は可能な限り被災地に送っているが、先に記したように被災地
の近くまでは届くものの、最後のアクセス道路の確保が依然困難な
状況が続いており、生ものなどは、保管も厳しい現状。
物資を何度も運ぶ労力や、燃料を何度も運ぶリスクを考えると、
集団疎開ならば、被災者の移動は一度に済む。特に、病人、高齢
者、子ども、妊婦は被災地から一刻も早く強制的にでも疎開させ
る。
まだ寒さ厳しい東北地方で避難生活を続けると健康にも害が及ぶ
可能性が高くなるであろう。
無論、知り合いなどの安否確認が出来ていないから残りたいという
方も多くいるだろう。しかし安否確認は責任を持って政治行政で行
い危難してくださいと説得し避難させるべきである。

これが政治的決断。
政治家は優先順位を判断をし、その責任を取ることがその存在意義

避難者の受け入れを表明している自治体も多くあり(もくちろん
地元葛飾でも!)オール・ジャパンの力で乗り越える時だ。



22:53:00 | hayakumi | | DISALLOWED (TrackBack) TrackBacks

March 14, 2011

計画停電

今日からの計画停電。混雑時の通勤時に混乱が起こってしまい
皆様方には大変ご不便をお掛けいたしました。


交通麻痺は計画停電によるものではありません。
鉄道事業者の自主規制による運休が原因でした。政府の要請を受け
電気の大口需要者としての判断です。
政府も事業者の自主規制の対応までは読み切れず、混乱となりまし
た。電力需給調整は簡単ではないです。

本日からは国交省から鉄道事業者に、節電と利便性のバランスを
とってもらうよう要請。
日々良くなっていくはずです。

計画停電を国民に解りやすく周知するよう努めてまいります。



17:47:00 | hayakumi | | DISALLOWED (TrackBack) TrackBacks

March 13, 2011

東北関東大震災

一昨日の東北関東を襲った地震はかつてない大規模な災害となって
います。

被災者の皆様に心よりお見舞い申し上げます。
また、私は国会議員として、一刻も早い救済と復旧に全力をあげる
所存です。


政府も民主党も対策本部を設置し、出来うる限りの手立てを打って
いるところです。

私たち被災地域外の議員は、現地に入ることがかえって迷惑になる
恐れがあるとの理由で現地入りを自粛するように党本部から要請
されています。 

私も地域の商店街の皆さん、また行政のみなさんと連絡を取り
合い、地元での対応に万全を期す一方、地震直撃の地域の対策の
支援にも全力をあげているところでございます。

皆さんにおかれましては大変な状況であるとお察し致しますが
何卒冷静にご対応いただきますようお願いいたします。






12:09:00 | hayakumi | | DISALLOWED (TrackBack) TrackBacks