March 31, 2012

消費税法案を閣議決定


社会保障と税の一体改革を進めるための消費税法の改正案が国会に
提出されました。閣議決定に至るまでに50時間に及ぶ議論を戦わ
せ政府案を修正した。

ここで改めて私の考え方を報告いたします。

当初の議論では税率改正の条件として経済状況を総合的に勘案との
表現だったものを具体的な数値目標を書き込むことで政府としての
覚悟を示すべき。そして経済成長率3%程度、実質成長率2%程度
を明記した附則を追加。 数値を示さないことは民間企業の中、数
字で生きてきた私は到底理解ができるものではありませんでした。
政府与党に求められているのは、実効のあるデフレ円高対策を実施
し税収を増やす!この王道を進んでいく覚悟です。

 
また、税率10%への引き上げの後の追加増税条項も削除、逆水性
対策として給付付き税額控除制度の導入、住宅ローン減税、中小企
業への支援措置なども盛り込まれました。


増税に対、私はデフレ円高下における増税を避けなければならない
というスタンスです。しかし一方で、消費税の引き上げもしなけれ
ばなりません。ならば、やるべきことは景気対策において結果を出
すこと!これしかありません。

デフレ円高対策に関する強いメッセージを今まで以上に出しつつけ
ることが必要であり、法案にすべてを盛り込むことの良し悪しを考
えれば、今回はある一定の限界に達していると考え私はこれを了と
しました。



本番はこれからです。連立内協議、与野党協議、委員会審議です。


社会保障と税の一体改革については、不十分な部分もまだまだあり
ます。しかし、こういう問題も乗り越えながら与党としての責任を
背負い、汗をかき、成長していかなくてはなりません。国会審議に
向けて与党議員としてできることを考え、そして行動していいきま
す。 




19:16:00 | hayakumi | | DISALLOWED (TrackBack) TrackBacks

March 15, 2012

社保税一体改革


昨日から連続3日間エンドレスの社保税一体改革会議が続く。
今朝の報道では増税派は野田派閥、増税反対派は小沢派閥というよ
うな記事が多い。しかし、そんなに単純ではない。マスコミが言う
ほど派閥で動く議員は多くない。みんなそれぞれ一議員として自身
の意思、信ずるところで参加し戦っているのだ。
昨日、今日、明日と3日間の予定。

また社会保障と税の一体改革他、議員定数削減も議論が続く。
野党が反対しているから進まない。もうこの言いわけは国民には
通じない。やはり法案にして提出していくしか道はないのではない
か。



本日午後はライフ・アシスト・ポイント議連総会。 
私は幹事をしています。クレジットカードを国内で使用した額のう
ちある期間で一定の金額を越えた部分にはポイントを付与し、
家電エコポイントと同様の方法でポイントを交換。GDP2%成長を
目指していく。
課題としてクレジットラインを持ていいない人はどうするのか?
また、中小店など、カード機を持っていいないお店をどこまで
政府がアシストするのか?等など様々な課題があるが内需に拡大
するためにも実りのある議連にしていきたい。




16:05:03 | hayakumi | | DISALLOWED (TrackBack) TrackBacks

March 11, 2012

東日本大震災一周年追悼式

本日東日本大震災一周年追悼式に、天皇皇后両陛下ご臨席の下、
出席して参りました。


被災地各県ご3名の遺族の方々からの追悼挨拶は言葉にならないほ
ど悲しいものでした。この方々は2万倍いらっしゃるのですから。
私たち国民一人一人は311を決して忘れてはなりません。


私も国会議員の一人として被災地の復興とこの国の再生に全力を
尽くして参ります。

16:55:00 | hayakumi | | DISALLOWED (TrackBack) TrackBacks